運動器リハビリテーション Musculoskeletal Rehabilitation

TOP > 運動器リハビリ

運動器リハビリテーションとは
Musculoskeletal Rehabilitation

「運動器」とは骨、関節、筋、神経などの身体を支えたり動かしたりする組織、器官の総称です。

 「運動器」の疾患(骨折、変形性関節症、腰痛、頸部痛、肩関節痛、膝関節痛スポーツ障害など)は、仕事や日常生活、スポーツ動作を困難にします。

 「運動器リハビリテーション」とは運動器疾患を持つ患者様に対して運動療法や物理療法などを用いて、身体機能や生活動作の改善を図っていきます。

 医師の指示の下、理学療法士や作業療法士が患者様の評価を行い、1人1人に適した治療プランを立て、運動プログラムを提供させて頂きます。

運動器リハビリテーションの治療の様子
Condition

当院では、2019年4月よりリハビリテーションセンターを開設し、
理学療法士9名、作業療法士2名でリハビリテーションを行っています。
膝関節の可動域訓練
体幹の可動域訓練
手指の作業療法
平行棒内歩行訓練

運動器リハビリテーションと物理療法
Musculoskeletal Rehabilitation & Physical Therapy

運動器リハビリテーションでは、患者様の痛み、動きの制限、日常生活動作の制限、スポーツ活動の制限、術後の機能回復などに対し治療を行います。

 関節可動域訓練、筋力トレーニングやストレッチなど1人1人に合った効果的なリハビリテーションプログラムを提供し、日常生活動作獲得、スポーツ現場への早期復帰を目指します。

また、”患者様自身”でリハビリテーションを行えるよう、自宅でできる自主トレーニングなども指導させて頂きます。

物理療法とは
Physical Therapy

「物理療法」とは、電気や温熱などの物理的なエネルギーを利用し、治療をするものです。物理療法の目的は、痛みの緩和、循環の改善、運動療法を効果的にするための準備などがあります。

機器紹介

  • 温熱療法

    患部やその周囲を温めることによって疼痛の軽減、筋肉や軟部組織の緊張状態の改善、血流状態の改善を図ります。温めることで精神的にもリラックス効果を得られることも期待されます。
  • 電気治療

    治療的電気刺激(TES)や経皮的電気神経刺激(TENS)、機能的電気刺激(FES)等があります。TESでは神経筋接合部を刺激することで筋収縮を起こし、痙縮の改善や筋力増強を図ります。TENSでは疼痛を感じさせている神経を刺激することで神経ブロック効果により疼痛を軽減させることを目的に施行されます。FESでは筋肉の支配神経を刺激することで筋活動を促し、歩行運動など合目的な筋活動を引き出す目的があります。
  • 牽引療法

    椎間孔や椎間関節の離開を通して神経根の除圧を行います。また周辺軟部組織の伸張・マッサージ効果によって循環改善・疼痛改善を目的とします。

当院の運動器リハビリテーションの治療方針
Policy

当院の運動器リハビリテーションでは、医師の的確な診断結果を基に、
理学療法士や作業療法士が最適なリハビリテーションを行っていきます。
  • 徒手療法

    患者様一人ひとりの状態にあわせ関節の可動性を改善する事や個々の筋力を向上させることで疼痛の緩和を図っていきます。
  • 姿勢や動作指導

    痛みや痺れは不良姿勢や間違った動作パターンから出現することがあります。これらを修正することで身体への負担を軽減し痛みや痺れの改善を図ります。
  • 日常生活動作に必要な筋力強化

    当院では、数種類のマシントレーニングにより、日常生活動作に欠かせない筋力の強化を致します。

運動器リハビリテーション治療開始までの流れ
Flow

リハビリテーションが開始されるまでにいくつかのステップがあります。
ご不明点がおありの方はお気軽にスタッフまでお尋ね下さい。
  • 1
    医師による診断

    運動器リハビリテーションを受けて頂く為には、まず診察を受けて頂く必要があります。
    医師の診断の下、リハビリテーションの指示が出ます。

  • 2
    リハビリ予約

    医師による運動器リハビリテーションの指示後、リハビリ室で予約を取って頂きます。
    予約枠の空き状況と患者様のご都合を確認した上で、予約を取らせて頂きます。

  • 3
    予約完了

    予約が完了しましたら、この日の手続きは終了となります。運動器リハビリテーションの予約日までお待ち下さい。
    もし、予約の日のご都合が悪くなりましたら、早めに下記へご連絡頂きますようお願い致します。
    予約の取り直しをさせて頂きます。

    リハビリテーションセンター直通電話番号:0868-23-6524

物理療法でご来院の方

物理療法のみの場合には予約なしで受けて頂くことが可能ですので、直接当院へご来院下さい。

運動器リハビリテーションを受けて頂く上での患者様への注意点

予約時間より10分以上遅れますとリハビリテーションをお断りする場合がございます。ご了承下さい。
出来れば少し早目の来院をお願い致します。

通院方法

患部の状態にもよりますが、週に2回以上ご来院頂くことをお勧め致します。

〈 受付時間 〉

午前:月~金 8:45~11:30 午後:月・水・金 14:00~17:30